2013年08月04日

RED RIVER JPC clone and so on

こんにちは。

本日はRED RIVER製 JPCクローンについてです。



今年に入って使用が確認され始め、JPCでありながらJPCでない姿に惹かれ購入の機会を伺い続けておりました。
夢に見続け半年間、ようやく手に入れることが出来たこのJPCクローンを本日はご紹介致します。



という訳で念願叶って手に入れられたRED RIVER製JPCクローンです。
胸部と腹部は夫々カンガルーポケットになっており、Crye JPCに準拠した物の様です。

このJPCクローンはJWK Cチームを中心にJWK Aチーム、GROM、GROM SBUでも使用されている今後のDWSの主役となるであろうプレートキャリアです。
MOLLE面積は小さいものの軽量で、ベルトを多用するJWKにとってはこれ以上無いプレートキャリアと言えるでしょう。



JPCクローンの使用が最初に確認されたのは今年2月1日の事でした。
当初は騒然となりましたが、パルスの色、背面形状からCryeの物ではないと断定され、後にFacebookを通じてRED RIVERという新興ギアメーカーの製品で有ることが解りました。

このRED RIVERは実体不詳なのですが、どうもChurrahee GearとIwo-hestが関連している会社の様です。
ベルクロの処理はChurraheeのそれを受け継いでいますし、また電話番号はIwo-hestの事務所と同じでした。



今回はマルチに加え黒も入手しました。
純正Cryeには無い色で、こちらも是非欲しかったのです。



黒いJPCクローンは先のOP.Flaming Swordにて登場、PM98と合わせて非常にシンプルな構成で使用されています。



JPCクローンの内側です。パッドが貼り付けられているだけの簡素な作りですが、着心地は悪くありません。
なによりMIWO4101やTF50と比べかなり軽いです。



サイズ調整は背面にて行います。紐で固定しているだけのため調整はかなりルーズです。
Cryeではどうなのでしょうか。



特徴の一つである背面形状。
プレートの形状に合わせたカットではありません。






JPCクローンの他にバックパック、ユーティリティ、TACOマグクローン、ブラストベルトクローンも入手してみました。何れもよく出来ています。


ブラストベルトクローンは入手してみたは良い物のセットアップに多少困っています。
というのも、JWKでJPCクローンを使用する際にはベルトキットを使わない場合が殆どだからです。



こちらの隊員のように、リガーベルトにポーチ類を直接着けてしまう場合が多いのです。



またベルトキットを使用するときでもHSGIのSureGrip padded beltのような細身なベルトを使用します。

JPCクローンを使ったセットアップにはまだまだ研究の余地がありそうです。

最後に使用画像を貼って〆とします。







では今回はこのへんで。

アディオス!また会おう!



*追伸*

ハートロック2013の申し込みが始まりました。
私も既に入金、申込書の送付を終えました。

今回、ポーランドSOFを含むISAF SOFはISAFの指揮下を離れ英軍特殊部隊とのTask Forceを結成することが決まりました。

ポーランドSOFでご参加の皆様、エントリーの際には英軍特殊にて宜しくお願いいたします。



同じカテゴリー(PlateCarrier)の記事画像
KAMIZELKA 4101
同じカテゴリー(PlateCarrier)の記事
 KAMIZELKA 4101 (2013-02-15 20:34)
Posted by 豚マーブル at 14:43│Comments(3)PlateCarrier
この記事へのコメント
どうもです。
JPCクローン、ものすごいかっこいいですね♪
私も、妻の許可が下りれば即購入したいですw


COMBATのUO特集も拝見させて頂きましたが、怪しさ抜群でものすごくかっこよかったです!
Posted by m田 at 2013年08月05日 03:39
マルチもパルステープがカーキな所にポーランド魂を感じますよね笑

RED RIVERへの注文は現状Facebook経由のみとなっておりますのでご注意ください!
Posted by 豚マーブル豚マーブル at 2013年08月05日 07:15
妻から許可を得ました!
ところで、JPCクローンは、どれくらいの御値段でしたか?
Posted by m田m田 at 2013年09月14日 22:28
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。